NHKのニュースで河津桜という早咲きの桜があることを知り、関西方面で咲いているところを調べたところ、京都伏見の淀水路と淡路島の国営明石海峡公園で咲いていることがわかりました。淡路島の国営明石海峡公園には、1月に菜の花と水仙を見に行ったので、京都伏見の淀水路の河津桜を見にいくことにしました。

3月5日、天気も良さそうであったので、京都伏見の河津桜をメインに気の向くままにお散歩することにして、結局、亀岡市の亀山城址の梅を見て国道9号線で京都伏見に向かい、淀水路の河津桜を鑑賞して、最後に奈良の月ヶ瀬梅渓までお散歩してきました。亀山までの道は、県道メインで快適に走れましたが、京都、月ヶ瀬梅渓は国道メイン(9号、24号、163号)に走ったので、道はとても混んでいました。暖かくなると、人も多くなりますね。でも暖かくて快適なお散歩ツーリングでした。

Nikon1 J5で撮影した写真

  • 亀山城址の梅】

    城址としては、石垣やお堀の名残が少し見られる程度でしたが、梅林の梅は満開でとても綺麗でした。
    亀岡城趾の梅_000

  • 京都伏見の河津桜

    さすがニュースで報道される桜ですね、淀水路の周りに少し咲いているだけなのに、沢山の方が来ていました。周りに駐車場はなさそうだったので、皆さん電車で来ているのかな。菜の花とのコラボも有りとても綺麗でした。
    京都の河津桜_000

  • 月ヶ瀬梅渓

    昨年2月22日に行った時は、時期が早くて梅が咲いていなかったのですが、今回は梅も満開でリベンジ成功って感じです。個人的には「一目八景」から見る景色より、「みはらし茶屋」からの景色の方が良かったです。
    月ヶ瀬梅渓_000

休憩場所