CentOS7では、「MySQL」がデフォルトのデータベースでは無く、MySQLから派生した「MariaDB」がデフォルトのデータベースのようですので、さくらVPS にインストールしたCentOS 7.0に「MariaDB」をインストールしました。

  • yumコマンドでmariadbをインストールしました。
    # yum install mariadb mariadb-server
    
  • mariadbは以下のものがインストールされました。
    # yum list installed | grep mariadb
    mariadb.x86_64         1:5.5.37-1.el7_0 @updates 
    mariadb-libs.x86_64    1:5.5.37-1.el7_0 @entOS-7-update 
    mariadb-server.x86_64  1:5.5.37-1.el7_0 @updates
    
  • mysqlのバージョンとしては、5.5.37になるようです。
    # mysql --version
    mysql  Ver 15.1 Distrib 5.5.37-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1
    
  • mariadbのサービスを起動しました。
    # systemctl start mariadb.service
    
  • mariadbサービスの登録状態を確認しました。mariadbは起動時サービスとして登録されていませんでした。
    # systemctl list-unit-files | grep mariadb
    mariadb.service                             disabled
    
  • mariadbを起動時サービスとして登録しました。
    # systemctl enable mariadb.service
    
  • mariadbサービスの登録状態が「enabled」になったことを確認しました。
    # systemctl list-unit-files | grep mariadb
    mariadb.service                             enabled 
    
  • 「mysql_secure_installation」コマンドでmariadbの初期設定(rootパスワードの設定)を行いました。
    # mysql_secure_installation
    :
    Enter current password for root (enter for none): (入力:enter)
    Set root password? [Y/n] (入力:enter)
    New password: (入力:rootパスワード)
    Re-enter new password:  (再入力:rootパスワード)
    Remove anonymous users? [Y/n] (mysql 入力:enter)
    Disallow root login remotely? [Y/n] (入力:enter)
    Remove test database and access to it? [Y/n] (入力:enter)
    Reload privilege tables now? [Y/n] (入力:enter)
    :
    #
    
  • 設定したrootパスワードでアクセスできることを確認しました。
    # mysql
    ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)
    #
    # mysql -uroot -p
    Enter password: (設定したrootパスワード)
    Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MariaDB connection id is 13
    Server version: 5.5.37-MariaDB MariaDB Server
    
    Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.
    
    Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
    
    MariaDB [(none)]> quit;
    Bye
    # 
    
  • MariaDBの設定ファイル(server.conf)を編集して、以下の変更を行いました。

    • デフォルトのキャラクターセットを UTF-8 に変更「character-set-server = utf8」
    • バイナリログを自動で削除する日数を7日に変更「expire_logs_days = 7」
    # cd /etc/my.cnf.d/
    # cp server.conf server.conf.org
    # nano server.conf
    
    [mysqld]
    character-set-server = utf8
    expire_logs_days = 7
    
  • サーバーを再起動して設定が変更されたことを確認し、MariDBのインストールを完了しました。
    # systemctl restart mariadb.service
    
    # mysql -uroot -p
    Enter password:
    MariaDB [(none)]> show variables like 'char%';
    +--------------------------+----------------------------+
    | Variable_name            | Value                      |
    +--------------------------+----------------------------+
    | character_set_client     | utf8                       |
    | character_set_connection | utf8                       |
    | character_set_database   | utf8                       |
    | character_set_filesystem | binary                     |
    | character_set_results    | utf8                       |
    | character_set_server     | utf8                       |
    | character_set_system     | utf8                       |
    | character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
    +--------------------------+----------------------------+
    8 rows in set (0.00 sec)
    
    MariaDB [(none)]> show global variables like 'expire_logs_days';
    +------------------+-------+
    | Variable_name    | Value |
    +------------------+-------+
    | expire_logs_days | 7     |
    +------------------+-------+
    1 row in set (0.00 sec)
    
    MariaDB [(none)]>  quit;
    Bye
    #